観葉植物を設置する時に気をつけなければいけないことを学ぼう

管理の注意点

高品質なサービスなので有効活用しましょう!家具レンタルはこちらで行なうことができます。お得にテレビや冷蔵庫を揃えることができますよ。

水槽のレンタル業者を探しているならこちらがおすすめです。リーズナブルな価格で借りられて、清掃管理も行なってくれます。

観葉植物は室温によって置ける植物が変わります

ショッピングモールやホテルのロビー、会社内の休憩スペースなどに観葉植物をよく見かけます。通常室内に置いてあるものが多く、日照条件や温度環境によって大変手間が掛かるため、観葉植物をリースしてくれる業者へ依頼する場合があります。観葉植物はそれぞれ耐寒温度が違うため、置きたい環境の基本温度を確認し、置く植物を選定します。低温グループは、寒くない地方であれば室内に置くだけで越冬します。8度から10度ほどの環境で育つ中温グループでは、室内に置くだけでは温度不足になります。また、10度以上で育つ高温グループや15度以上でも育つ極高音グループは室温を加温しないと枯れてしまいます。リース業者へ依頼する際には、室温との関係で置けない植物がある事を認識しておきましょう。

冬場の水やりにも注意が必要です

観葉植物を枯らしてしまう最大の原因は、温度不足です。特に注意しなければいけないのが、冬場の深夜から明け方の冷え込みです。日中との温度差が15度以上違う環境では、観葉植物の痛みが激しくなります。リース業者が管理上ビニール袋や紙袋を被せ、温度環境を整えることがあります。冬の間、植物は冬眠するかのように成長が衰えることがあります。このような状態の時に水やりをたくさんしてしまうと、枯れさせてしまうことがあります。その反面、植物の葉の部分には潤いが必要です。高温多湿を好むので、冬の乾燥したシーズンには霧吹きなどで葉に水を掛けましょう。基本的にリース業者が管理している観葉植物は、業者の人が手入れを行いますが、思い違いから間違った手入れをしないよう気を付けましょう。

家電レンタルの業者をお探しなら:なんでもリース

最新の記事

リースサービス

観葉植物は、リースサービスを利用して気軽に利用することができる人気の植物です。リース業者と契約することによって常に美しい状態を維持することができます。リースを利用する時に気をつけるべきことを学びましょう。

長く住まない場合

単身で生活を始める場合、全ての家具や家電を購入するのは経済的に負担がかかってしまうことでしょう。しかし、家具レンタルを利用することで、予算を抑えて利用ができるため、短期間の滞在や単身にとって便利です。

安く借りる

レンタル遊具を借りる時には、費用面を考えて借りることが大切です。実際に購入するよりもレンタルをすることで費用を抑えることができます。大型の遊具もレンタルすることができます。

レンタルサービス

最近の家電レンタルはデザインや良く手入れされているものも多いので、安心して利用することができます。家電レンタルをするなら面倒な引っ越しも気軽に行なうことができます。

↑ PAGE TOP